スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個性を捨てろ!型にはまれ!/三田紀房/だいわ文庫/

個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)
(2009/08/10)
三田 紀房

商品詳細を見る


◆世の中には、成功するための『型』がある。個性も才能もいらない。ただ用意された『型』にはまればいい。(p005)

☆成功する『型』にうまくはまれば、エスカレーター式で成功に到達することができる。「守破離」ともいう言葉もある。まずは型どおりに行動する。型にはまれば、流れが良くなる。だんだんそれを軸にオリジナルになっていくものだ。

◆修行だなんて悠長なことを言ってるヒマがあったら、さっさと自分の作品を描いてしまえばいい。そして新人賞に応募するなり、プロに見せるなりしてみればいい。だって、それがなによりも手っ取り早い修行になるんだから。(p021)

☆とりあえず矢を放って、それから修正する。狙いを定めたままで、ずっと動かないんじゃ、当たるかどうかなんてわからない。実は、机で勉強するなんて簡単なことだ。プレッシャーも何もない。ハーフマラソンに出たかったら、歩きながらでもいいから、距離を体験してみる。そこから現実と目標とのギャップを埋めていけば良いだけだ。

◆近道はウロウロと探しまわるものではないし、自分で果敢に切り開いていくものでもない。あらかじめ誰かが整備してくれた道路を、猛スピードで走り抜ける。それに勝る近道はないのだ。(p023)

☆『型』はすでに存在している。もし、ないなら、その道はやめた方がいい。自分が切り開くなんて、リスクが高すぎる。舗装された道を早く見つける。早くはまる。その道の一つがビジネス書だ。成功したパターンを丁寧に説明してくれているんだから。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

「捨てる!」技術/辰巳渚/宝島社新書/

「捨てる!」技術 (宝島社新書)「捨てる!」技術 (宝島社新書)
(2000/04)
辰巳 渚

商品詳細を見る


◆どうも、モノが貴重な時代からモノが溢れる時代までの変化があまりに急すぎたらしい。私たちは“もったいない”という美徳の名残と、モノの増殖という新しい事態のあいだで、困り果てている状態なのだ。(p005)

☆読書でも、情報でも同じ。まず、耳にすること、目にすることを、すべて受け入れる。次の段階の選択ができない。大事なところだけ読めばいいのに、読みこぼしをしたくないがために、結局ぜんぶを受け入れたままになる。目標を中心に、選択すればもっと楽になる。

◆モノは単なる物体ではなくて、所有したときから自分の一部分になるのではないか。だから、この消費社会の論理-欲しいものを持つことで自己実現できるという感覚が成り立つ。逆にいったん手に入れたモノを失うと、実現された自己の一部を失うような痛みを覚える。(p017)

☆だから、いつのまにか周囲がモノで溢れてくる。情報を集めるだけ集めて、集めたことに満足してしまう。新しいアイデアづくりに使うこともなければ、見ることもない。捨てられなくなって、よけいに混乱しはじめる。

◆悩みながらモノを選別していくことで、自分にとってどれだけのモノと暮らせば充分なのかがわかってくるはずだ。(p018)

☆目標が明確なときは、必要な情報を選別できる。不要な情報が多いのは、目標がハッキリと定まっていないとき。スタート地点の目標設定をしっかり行えば、不要な作業を削ることができる。ただし、アイデアを出す場合は別。たくさんの素材を組み合わせる必要がある。だから、ゴミと思ったものが、次の機会には宝に変わることもある。

続きを読む

テーマ : 節約・暮らしの知恵
ジャンル : 結婚・家庭生活

レバレッジ・シンキング/本田直之/東洋経済新報社/

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
(2007/06/29)
本田 直之

商品詳細を見る


◆一流のスポーツ選手ほど、日々のトレーニングを欠かしません。練習で身につけたスキルを実践で用いることにより、さらにレベルアップを図るという繰り返しです。しかし、日々の仕事で忙しく、成果を上げられていない人は、資産として体系的に構築していくという意識を持っていません。(p019~p020)

☆トレーニングにも、基礎練習や実戦形式の練習がある。仕事は、なぜかぶっつけ本番。勉強して身につけた知識を実践で使うことで、知識に磨きがかかり、知恵になる。知恵を習慣化することで、体系的な資産に変わる。

◆余裕時間をつくるだけしか考えないのではなく、成果が上がるから余裕時間ができるようになるのです。そして、余裕時間を投資に回すことでさらに時間が生まれ、一対一が一対無限大へとなるのです。(p025)

☆スローライフも、これで達成できる。成果まで減ってしまうようでは、スローライフも意味がない。スローライフは時間の効率化の向こう側にある概念。成果をあげるための、最初の第一歩。ない時間を自己投資にまわすことができるか。ここから少しずつ、善循環がはじまる。

◆ゴールを明確に描く最大のメリットは、選択力が身につくことです。自分にとって何が大切で、何が大切でないかがわかるようになります。余計なことをしなくなり、時間、労力、お金の無駄がなくなります。(p029)

☆ゴールには、長期的には人生、短期的には課題解決、がある。いずれにしても、ゴールを描いて、制限時間を決めると、そのためにできることも、かぎられてくる。ゴールを明確に描くことで、「しないこと」が浮き彫りになってくる。いつまでたってもスタートできない。なんてこともなくなる。

続きを読む

テーマ : ビジネスアイディア
ジャンル : ビジネス

面白いほど成功するツキの大原則/西田文郎/現代書林/

面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます
(2001/11/01)
西田 文郎

商品詳細を見る


◆成功できるかどうかは、“まじめさ”とは何の関係もない。成功とは縁遠い、あまり面白みのない人生を送っているのは、たいていまじめな人たちだ。(p002)

☆なぜ、がんばりが報われないのか。努力が実らないのか。うすうす感じてはいたけど、ここまでハッキリ言われてしまうと、かなりショック。

◆「実力」とは、ツキと運の積み重ねである。(p014)

☆実力をつけるというのは、ツキと運を積み重ねるような毎日を送ること?単なる能力アップだけでは、これまでと何も変わらない。

◆ツキや運は、自分の努力ではつかめない。他人が与えてくれるものである。(p022)

☆ツキを味方につけようとか。運気をよくしようとか。自分だけで何とかしようとしても、空回りするだけ。

続きを読む

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

プロフィール

ビジネス書データバンク

Author:ビジネス書データバンク
私が読んだビジネス書の読書ノートです。データバンク的に使ってます。

個人的に気になる箇所の引用(◆)とそのコメント(☆)で構成。

あくまでも個人的な意見ですので、著者の意図したものとは異なることがあります。

カテゴリ
新着エントリー
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
人気書評サイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。