スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原稿用紙10枚を書く力/齋藤孝/大和書房/

原稿用紙10枚を書く力原稿用紙10枚を書く力
(2004/09)
斎藤 孝

商品詳細を見る


◆質を上げてから量に向かうのではなく、量をこなすことで質を上げる(中略)とにかく目的を達成しよう。その目的は量だ。だから一日の書くノルマを決めて、その枚数をこなすということを一定期間やってみる。(p016~p017)

☆「質を上げてから量に向かう」って、不可能なんじゃないの?一度にムチャクチャ書くんじゃなくて、1,000字位でもいいから、毎日継続することが大切。ブログでもなんでもいいから続けてみる。

◆「転」を見きわめられれば、「この『転』になるには前提が必要だから、そのためにここのあたりを書いたんだな」という書き手の思考回路が見えてくる。(p026)

☆これ。書くときにも大事。「転」を先に決めてから文章を考えると、すごく楽になった。「転」を決めたら、「転」にもっていく経緯を書けばいいだけなんだから。「起」「承」をもっと練って、「転」とのギャップがでれば、もっと面白い文章になりそう。

◆論理的な文章で、かつ生命力があふれている文章がある。それは、中身が個人的な体験だとか、客観的な内容だとかよりも、構築ができている文章であるかどうかで決まる。まず、読んだ側の「それで何なの?」という問いに答えられるかどうか、つまり主題をきちんと打ち出せているかどうかである。(p060)

☆最終的に何が言いたいのか、軸つまり「転」が決まらないと、その前後の文章も意味を成さない。主題のない文章は、魂のぬけたスカスカの文章だ。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 知っておいて損はない!!
ジャンル : ビジネス

ビジネス書のトリセツ/水野俊哉/徳間書店/

「ビジネス書」のトリセツ「ビジネス書」のトリセツ
(2009/08/01)
水野俊哉

商品詳細を見る


◆家でビジネス書を読んだり、あるいは自分の本を執筆しているほうが10倍くらい楽しいことに気づいてしまった(p007)

☆仕事だからといって、時間を浪費することが多い。ストレスを溜めては解消しての繰り返し、ではもったいない。本を読んだり、書いたり。好きなこと、熱中できることなら、質がドンドン向上する。

◆ビジネスで成功するためには、体系的な知識が必要である。ところが、2、3冊読んだだけで、すぐ満足してしまう人も多い。(p033)

☆満足よりも、きっと、あきらめることが多い。「自分の会社では無理だな」って。表面的な方法よりも、裏にある本質、フレームワークを読み取ることが大事だ。

◆読書の理解力を高めるという観点において、この5つの要素は重要と思われる。(p079)

☆「資金の許すかぎり、多読をしよう」と決めてからは、ほとんどこの方法。特に、「一気に読む」「繰り返し読む」は、全体を理解するのに効果大。

続きを読む

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

読書は1冊のノートにまとめなさい/奥野宣之/Nanaブックス/

読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング
(2008/12/05)
奥野宣之

商品詳細を見る


◆それより、自分にいま必要な情報を理解して、それをサポートする一冊一冊をしっかりと選ぶ。そしてその一冊と真摯に向き合い、本から学ぶ努力を重ねる。(p005)

☆多読は大切。ひとつのテーマについて、いろんな角度から情報を得る。ただ、ダラダラ読んでも意味がない。質のある量が、大きな質になる。

◆何でもごちゃまぜのまま一元化しておいたほうが、かえって情報同士がリンクしていろいろな場面で役に立つのです。(p024)

☆超整理法でも一元管理の提言があった。ただし、この場合は、アウトプットとしてのアイデアのことをいってるんだと思う。アイデアの組み合わせを実現する方法のひとつ。関係なさそうな情報が、本質的にはつながっていることもある。

◆日ごろから、本につながる情報を探す。つまり、日常に取材すれば、自分の本当のニーズを反映した「探書リスト」ができあがるのです。(p051)

☆日常的に、気になるテーマについて、アンテナを張りつづけること。テーマに関する情報を調べる。深く知る。それに関する本が出ていないか調べる。その集合が探書リスト。本屋で衝動的に買うだけでは無駄も多い。

続きを読む

テーマ : ビジネスアイディア
ジャンル : ビジネス

「金のとれる文章」を書く技術/和田秀樹/新講社/

「金(カネ)のとれる文章」を書く技術 (新講社ワイド新書)「金(カネ)のとれる文章」を書く技術 (新講社ワイド新書)
(2009/06)
和田 秀樹

商品詳細を見る


◆読みやすくてわかりやすい文章なんです。「プロの文章」、つまりカネのとれる文章は「いい文章」なんです。(p017)

☆無理にむずかしい言葉にするんじゃなくて、むしろ簡単な言葉にする。読む人にピンとこないと、伝わらない。書いたことにならない。

◆わかりやすい文章であること。そして、気持ちのいい文章であること。この二つを「いい文章」の条件にしたいと思います。(p025)

☆わかりやすくて、気持ちのいい文章。考えなくても理解できる。頭にイメージできる。リズムもいい。大切なのは、言葉の選択。

◆毎日毎日、膨大な量の原稿を、しかも何年も書き続けているから、よぶんな力が抜けて自分にあった文章のリズムが身についたのでしょう。(p048)

☆気に入った文章をまねして、書きつづけること。やっぱり、身につけるためには量をこなす必要がある。力まず自然に書けるまで。

続きを読む

テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

いつも目標達成している人の読書術/丸山純孝/明日香出版社/

いつも目標達成している人の読書術 (アスカビジネス)いつも目標達成している人の読書術 (アスカビジネス)
(2008/09/03)
丸山 純孝

商品詳細を見る


◆脳を「快」の状態にインストールできることの重要性(p081)

☆同じするなら、楽しいほうがいい。積極性にもつながるし、次への改善も楽しくなる。すべてが好循環。何より幸せを感じるし。でも、どうやって「快」にする?小さな成功の積み重ね?

◆辞書を読むときのような読み方(p101)

☆目的がハッキリしていることが前提。だけど、目的がハッキリしていれば、ビジネス書のもっとも適した使い方だと思う。そこから思考が広がったり、本質に向かったりする。

◆本という養分をあなたを通してアウトプットするわけですから、「あなた」や「私」というフィルタを通すことで、どんな「言葉」が生まれるかということが非常に大事なこと(p126)

☆思えば、あまり深く考えず、受け売りで話してることって、けっこうたくさんある。自分で体験してみたり、他の知ってることと比べてみたりすることで、オリジナルの言葉になってアウトプットされる。自分らしい表現になる。文章の本質を理解することになる。本質がわかれば、自分なりの表現の方法があるはず。

続きを読む

テーマ : 成功する為に必要な事
ジャンル : ビジネス

名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方/鈴木康之/日経ビジネス人文庫/

名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方 (日経ビジネス文庫)名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方 (日経ビジネス文庫)
(2008/07)
鈴木 康之

商品詳細を見る


◆「読んでピンと感じる文章」(p022)

☆読者の存在を忘れてはいけない。表面的な文章テクニックばかりが気になるが、大切なことはもっと根本的なことなんだと思う。難しい言葉じゃなくて、普通の人が使う普通の言葉。

◆人に役立つような、人に面白いと思ってもらえるような優れた実用文は、書き手がひねり出して書くものではなく、見つけ出すものだと思います。(p025)

☆成功すると「信じる」のではなく、すでに成功に向かっていると「気づく」ことが大切。同じ意味かな?すでにあるものが見えていないだけ。見つけるポイントは?聴くこと?視点を変えること?

◆頭脳で感じることの表現にも、言葉の適不適があり、コミュニケーション効果を大きく左右しますから、言葉の選択は要注意です。(p062)

☆わかりやすい文章を書くためにも。文章を短く書くためにも。誤解をなくすためにも。意味のある、最適な言葉を選ぶ必要がある。言葉のストックを増やすとともに、読み直しも重要。

続きを読む

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

プロフィール

ビジネス書データバンク

Author:ビジネス書データバンク
私が読んだビジネス書の読書ノートです。データバンク的に使ってます。

個人的に気になる箇所の引用(◆)とそのコメント(☆)で構成。

あくまでも個人的な意見ですので、著者の意図したものとは異なることがあります。

カテゴリ
新着エントリー
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
人気書評サイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。