スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術/泉正人/ディスカヴァー21/

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術
(2008/03/03)
泉 正人

商品詳細を見る


◆「誰が、いつ、何度やっても、同じ成果が出せるシステム」

☆工場のラインをつくるイメージ。このシステムができれば、会社が安定するし、仕事が手離れする。フランチャイズ展開だって、簡単にできる。何より、「有能な人材」を必要としないのがいい。フローチャート・チェックシート・習慣・フレームワーク・タスクリストなど。

◆「作業系」の仕事にこそ「仕組み」づくりが有効です。(中略)「作業系」の仕事を「仕組み化」することで捻出した時間を、「考える系」の仕事にあてるのです。

☆いつもやってるはずのことなのに、手順に迷うことがある。人によって、やり方が違ってたり。やる人によって、出来栄えが違っていたり。「作業系」だけじゃなく、「考える系」の仕事にも、ある種のステップがあると思う。それも仕組み化しておけば、さらに考えることに集中できそうだ。

◆他の人でも同じように再現できる「作業系」の仕事はできるかぎり人にまかせて、そのぶん自分は新しいレシピを考えたり、お客様に喜んでもらうために何ができるかを思案するなど「考える系」の仕事に時間を割くようにします。

☆本当に自分にしかできないこと。重要なポイントに、意識を集中する。自動でできることは自動でする。他人に任せる。アウトソーシングする。監督責任だけはしっかりとる。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 手帳術・時間管理・夢をかなえる!
ジャンル : ビジネス

原因と結果の法則/ジェームズ・アレン 坂本貢一【訳】/サンマーク出版/

「原因」と「結果」の法則「原因」と「結果」の法則
(2003/04)
ジェームズ アレン

商品詳細を見る


◆心という思いの工場のなかで、私たちは、自分自身を破壊するための兵器をつくりつづけることもできますし、強さと喜びと穏やかさに満ちた美しい人格を創るための、優れた道具をつくりつづけることもできるのです。(p015)

☆目に見えるものすべて、考えることすべてが、心でつくられている。心のあり方一つで、行動が変わる。環境が変わる。現状が良くても、悪くても、将来の環境は、心のあり方で変わる。

◆自分の心の庭を掘り起こし、そこから不純な誤った思いを一掃し、そのあとに清らかな正しい思いを植えつけ、それを育みつづけなけなくてはなりません。(中略)自分は自分の心の園芸主任であり、自分の人生の総責任者である(p021)

☆目に見えるものすべては、結果でしかない。結果だけを見て、変えようと思っても、なかなか変わるものじゃない。結果を変えたいのであれば、原因を変えること。心を変えること。心に綺麗な花を咲かせつづけること。

◆私たちの環境は、私たちの内側の状態とつねに調和しています。(中略)人生には、偶然という要素はまったく存在しません。私たちの人生を構成しているあらゆる要素が、けっして誤ることを知らない法則が正確に機能した結果なのです。(p022)

☆望んだ結果になってない。なんてことはありえない。これまでの心のあり方が、今の状況をつくっている。今の心のあり方が、将来の状況をつくる。偶然だとか、不運の産物ではない。なるべくして、なった状況だ。

続きを読む

テーマ : 夢を叶える
ジャンル : ビジネス

やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている/荒濱一・高橋学/光文社/

やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)
(2008/07/23)
荒濱 一高橋 学

商品詳細を見る


◆「勝ちパターン」のフレームワークはできた。あとは、そのフレームワークにニーズのありそうなさまざまな複合テーマを次々と放り込むだけで(p056)

☆シンプルなフレームワークと言えるところまで、本質まで落とし込むこと。微調整するだけで、違うジャンルのビジネスでも利用できる、広がるビジネスモデルになる。

◆本質的なポイントを、熟慮の末に自力で見出し、極めた(p066)

☆肉付けを、すべてそぎ落として、本質と言えるところまで落とし込めれば、あとはルーチンワーク的な業務の繰り返しになる?

◆自分がノウハウを持っていない部分は思い切って「その道のプロ」に任せ、自分は得意分野や「自分にしかできない」コア業務に集中(p084)

☆これが、思っててもなかなかできない。仕事が進まない原因のひとつかもしれない。でも、仕組みの構築を考える以上、避けて通れないことだと思う。

続きを読む

テーマ : 経営改革
ジャンル : ビジネス

プロフィール

ビジネス書データバンク

Author:ビジネス書データバンク
私が読んだビジネス書の読書ノートです。データバンク的に使ってます。

個人的に気になる箇所の引用(◆)とそのコメント(☆)で構成。

あくまでも個人的な意見ですので、著者の意図したものとは異なることがあります。

カテゴリ
新着エントリー
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
人気書評サイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。