スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個性を捨てろ!型にはまれ!/三田紀房/だいわ文庫/

個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)
(2009/08/10)
三田 紀房

商品詳細を見る


◆世の中には、成功するための『型』がある。個性も才能もいらない。ただ用意された『型』にはまればいい。(p005)

☆成功する『型』にうまくはまれば、エスカレーター式で成功に到達することができる。「守破離」ともいう言葉もある。まずは型どおりに行動する。型にはまれば、流れが良くなる。だんだんそれを軸にオリジナルになっていくものだ。

◆修行だなんて悠長なことを言ってるヒマがあったら、さっさと自分の作品を描いてしまえばいい。そして新人賞に応募するなり、プロに見せるなりしてみればいい。だって、それがなによりも手っ取り早い修行になるんだから。(p021)

☆とりあえず矢を放って、それから修正する。狙いを定めたままで、ずっと動かないんじゃ、当たるかどうかなんてわからない。実は、机で勉強するなんて簡単なことだ。プレッシャーも何もない。ハーフマラソンに出たかったら、歩きながらでもいいから、距離を体験してみる。そこから現実と目標とのギャップを埋めていけば良いだけだ。

◆近道はウロウロと探しまわるものではないし、自分で果敢に切り開いていくものでもない。あらかじめ誰かが整備してくれた道路を、猛スピードで走り抜ける。それに勝る近道はないのだ。(p023)

☆『型』はすでに存在している。もし、ないなら、その道はやめた方がいい。自分が切り開くなんて、リスクが高すぎる。舗装された道を早く見つける。早くはまる。その道の一つがビジネス書だ。成功したパターンを丁寧に説明してくれているんだから。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

目立つ力-インターネットで人生を変える方法-/勝間和代/小学館101新書/

目立つ力 (小学館101新書 49)目立つ力 (小学館101新書 49)
(2009/10/01)
勝間 和代

商品詳細を見る


◆ブログを作ることは、自分の出版社や放送局を作ることに、イメージが近いと思います。そこに、さまざまなコンテンツを集約させることで、私たちのメディアのポータル(入り口)として活用し、アクセスを集中させるのです。(p027)

☆広告収入とか以前に、便利と感じてもらえるサイトじゃないと、続かない。価値の高いサイトは、情報発信基地のようだ。しかも、双方向でそれができるのがいい。知識情報だけじゃなくて、商品情報や便利サイトの情報なども、コンテンツとして追加していくと、もっと便利だ。

◆なぜ始められないかというと、思考を可視化する習慣がない、ものを書く習慣がないから、あるいは、それが面倒だと思い込んでしまっているからです。(p044)

☆「可視化」という言葉は、最近とくに目にするようになった。自分の場合、ネタを集めることが習慣になっていなかった。ゼロから書こうとしていた。だから、続かない。ブログを書きつづけるには、ネタを書きためていく習慣が不可欠だ。

◆ここでいう戦略とは、自分の強みや特徴を考え抜き、かつその強みをうまく人に表して、コミュニケーションを行い、人に役立つ技術です。(p049)

☆自分の強みや特徴は、自分ではよくわからない。あまり深く考えてないから?でも、「人の役に立つ情報を提供する」っていうマインドなら、今すぐにでも持てる。というか、持っている。いろいろな情報を提供する中で、何かを評価してもらえれば、それが強みになる。

続きを読む

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

1日15分が一生を変える!/蟹瀬誠一/知的生きかた文庫/

「1日15分」が一生を変える! (知的生きかた文庫)「1日15分」が一生を変える! (知的生きかた文庫)
(2009/07/21)
蟹瀬 誠一

商品詳細を見る


◆私にとって15分という単位は、そうならないための制限時間でもある。「今日中にこれを仕上げよう」というような大雑把な目標設定ではなかなか集中力を高めることができない。(p021)

☆今日中っていうのは、期限を決めてるようで決めていない。短い時間の設定を積み重ねることで、中身の濃厚な毎日を過ごせる。目標設定の段階で、すでに成功と失敗のどちらかが決まる。目標設定だけはしっかり計画し、あとは目の前の時間に集中する。

◆大切なのは、「今日1日を振り返ること」を習慣として毎晩続けることである。15分もあれば十分だ。繰り返していると、「明日はこうしてみよう」という具体的な考えが必ず浮かんでくるようになるだろう。(p033)

☆今日あったすべての活動を、成功させて一日を締める。成功って、なにかを手に入れることなんだから、ミスの中から教訓を得れば、それは成功だ。時間は流れ続けている。これを1日という単位で締めくくる。流されていく毎日にメリハリができる。今日を踏まえた明日になる。1日をコントロールできる。

◆読みたい部分だけ読んだら、思い切って本棚に戻してしまおう。自分にとって興味のない内容を読み続けるよりは、1冊でも多くの本に目を通し、価値ある情報を得たほうがはるかに自分の将来のためになるはずだ。(p048)

☆多読。多読すると、知識が立体的になってくる。同じテーマでも著者によって見方が違う。関連するテーマとのつながり。思考の部分と実践の部分。戦略と戦術。1冊の本からだけでは、体系的には見えてこない。辞書的な読書。どれだけ捨てられるかがポイント。読む目的が明確なのが前提。

続きを読む

テーマ : 人生を変えたい!
ジャンル : ビジネス

「捨てる!」技術/辰巳渚/宝島社新書/

「捨てる!」技術 (宝島社新書)「捨てる!」技術 (宝島社新書)
(2000/04)
辰巳 渚

商品詳細を見る


◆どうも、モノが貴重な時代からモノが溢れる時代までの変化があまりに急すぎたらしい。私たちは“もったいない”という美徳の名残と、モノの増殖という新しい事態のあいだで、困り果てている状態なのだ。(p005)

☆読書でも、情報でも同じ。まず、耳にすること、目にすることを、すべて受け入れる。次の段階の選択ができない。大事なところだけ読めばいいのに、読みこぼしをしたくないがために、結局ぜんぶを受け入れたままになる。目標を中心に、選択すればもっと楽になる。

◆モノは単なる物体ではなくて、所有したときから自分の一部分になるのではないか。だから、この消費社会の論理-欲しいものを持つことで自己実現できるという感覚が成り立つ。逆にいったん手に入れたモノを失うと、実現された自己の一部を失うような痛みを覚える。(p017)

☆だから、いつのまにか周囲がモノで溢れてくる。情報を集めるだけ集めて、集めたことに満足してしまう。新しいアイデアづくりに使うこともなければ、見ることもない。捨てられなくなって、よけいに混乱しはじめる。

◆悩みながらモノを選別していくことで、自分にとってどれだけのモノと暮らせば充分なのかがわかってくるはずだ。(p018)

☆目標が明確なときは、必要な情報を選別できる。不要な情報が多いのは、目標がハッキリと定まっていないとき。スタート地点の目標設定をしっかり行えば、不要な作業を削ることができる。ただし、アイデアを出す場合は別。たくさんの素材を組み合わせる必要がある。だから、ゴミと思ったものが、次の機会には宝に変わることもある。

続きを読む

テーマ : 節約・暮らしの知恵
ジャンル : 結婚・家庭生活

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術/泉正人/ディスカヴァー21/

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術
(2008/03/03)
泉 正人

商品詳細を見る


◆「誰が、いつ、何度やっても、同じ成果が出せるシステム」

☆工場のラインをつくるイメージ。このシステムができれば、会社が安定するし、仕事が手離れする。フランチャイズ展開だって、簡単にできる。何より、「有能な人材」を必要としないのがいい。フローチャート・チェックシート・習慣・フレームワーク・タスクリストなど。

◆「作業系」の仕事にこそ「仕組み」づくりが有効です。(中略)「作業系」の仕事を「仕組み化」することで捻出した時間を、「考える系」の仕事にあてるのです。

☆いつもやってるはずのことなのに、手順に迷うことがある。人によって、やり方が違ってたり。やる人によって、出来栄えが違っていたり。「作業系」だけじゃなく、「考える系」の仕事にも、ある種のステップがあると思う。それも仕組み化しておけば、さらに考えることに集中できそうだ。

◆他の人でも同じように再現できる「作業系」の仕事はできるかぎり人にまかせて、そのぶん自分は新しいレシピを考えたり、お客様に喜んでもらうために何ができるかを思案するなど「考える系」の仕事に時間を割くようにします。

☆本当に自分にしかできないこと。重要なポイントに、意識を集中する。自動でできることは自動でする。他人に任せる。アウトソーシングする。監督責任だけはしっかりとる。

続きを読む

テーマ : 手帳術・時間管理・夢をかなえる!
ジャンル : ビジネス

プロフィール

ビジネス書データバンク

Author:ビジネス書データバンク
私が読んだビジネス書の読書ノートです。データバンク的に使ってます。

個人的に気になる箇所の引用(◆)とそのコメント(☆)で構成。

あくまでも個人的な意見ですので、著者の意図したものとは異なることがあります。

カテゴリ
新着エントリー
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
人気書評サイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。